音楽

2014年10月22日 (水)

SLSバンド大会〜

今スクールライブショーがバンド大会なので楽しい〜♪
バンドする高校生も好きです。

気に入ったバンドの曲はビデオ残してます。
今までで一番好きなのが
ガールズバンドChocola(チョコラ)の「KIRA☆AI」という曲。
歌詞も曲もかわいいし、動きもかわいいし、
かわいいだけじゃなくて技術もすごい!
ボーカルの米子ちゃんとコーラスのバランスの絶妙さとか、
山田さんのキーボード遣いが神レベルとか、
編曲もボーカルを邪魔する余計な音がなく、
かつ足りないこともない素晴らしいセンス。
この曲はソラで歌えるほど聞いて覚えたw
チャンピオン大会の「Cyun×2」もかわいい曲☆
ChocolaのCDあったら欲しいくらい、いろいろ聴きたい!


武庫荘総合高校のバンドAlea iacta est!はプロ集団でした。
(バンド名が覚えられないよwとっさにバンド名が出てこないのはちょっともったいないと思う)
ボーカルの西村くんは歌も上手いけど踊りの魅せ方も上手く、
女声3人コーラスもすべてのバランスがよく、
演奏も「どこのプロが演奏してるんだ!?」というくらい上手い。
曲も高校生バンドにしては珍しいラテン調で(ラテン好き〜☆)、
歌詞が大人っぽく、とても高校生のバンドとは思えないw
まさにプロの演技見てるようだった。


あとはボーカルの声がかなり好きだったり、
編曲微妙でも歌詞とメロディがよければ残してるな〜。
逆にシャウト系はあまり好きじゃないので消しちゃいます。。
あといくら曲がよくてもボーカルが聞くに堪えないとかも;
自分が結構メロディラインを重要視して作るタイプなので、
カッコイイメロディを聞くと「おっ!」てなります☆
でも点数高いのはシャウト系だったりするんだよね・・・。


今期でのお気に入りは、初めの2組、Makerとsoftlyです。

softlyは睦月ちゃんの声と笑顔が好き〜☆で残してます。
2人ともふわふわしててかわいいv
第一印象は
「うめっ!歌うめっっ!!
そんでこんなかわいい子がでっかいアコギ!?」
です(笑)。

Makerの方は、曲がすごい頭回る!!
ふと脳内を繰り返すこの曲は何だ!?と思ったら
Makerの「Lost」という曲だった!!
私の好きなマイナーな曲調で、歌詞もすごく好き☆
「僕は壁にぶちあたる 君は他の壁に夢中」
ってあたり特に。砂田くん!君のセンス好き!!(笑)
砂田くんの作詞作曲がものすごくツボった。
ボーカルの中山くんの声も好き。
私の好きなタイプのイケメンだしw

なんでこの2組がすぐ敗退してしまったのか…=_=
まあ採点基準は曲だけじゃないですからね。
そういうところですか?
それにしても納得いかんな・・・w


スクールライブショーのお気に入り曲たちは
結構頻繁に見返してます♪
10曲以上残してますが、
何回見てもいいと思える曲ばっかり!
みんなすごいな〜!
もっとバンド大会増やして欲しい。

2014年6月13日 (金)

テレサ・テン好き

時間があったのでゲオで中古CD見てたら
「テレサ・テン ベスト10」を見つけたので
即買った。

テレサ・テンの曲すっごい好きなんすよ!!
「つぐない」「時の流れに身をまかせ」「愛人」
しか知らないけど。
それも小学低学年にTVで見てたくらいだけど。

やっぱりいいなあ〜〜〜!
「愛人」のイントロとかめっちゃ好き。懐かしい><
川口真さんの編曲がツボなんだと思う。
三木たかしさんの作曲も覚えやすくて好き。
この3曲は本当に全部好きだなー。
テレサの声もすごい好きーv
ビブラートがすごくて歌マネが難しい。

テレサって演歌歌謡なんだ・・・。
「時の流れに身をまかせ」のイメージが強いから
(↑これそんなに演歌っぽくないし)
単に歌謡曲歌手かと思ったけど。
「空港」って曲がものすごい演歌だった。
私は演歌も好きです。歌詞はともかく曲調が。
「津軽海峡・冬景色」と「夜桜お七」が特に。
(どっちも三木さんの作曲だ)

演歌と演歌でない歌謡曲の違いがわからん。
「時の流れに身をまかせ」が演歌で
ちあきなおみの「喝采」(←この曲も相当好き)
が演歌じゃないという、そこの線引きがわからん。
曲調の問題ではないらしいから歌詞の内容か?
テレサの歌詞は結構重い女だからなw
あなたのためなら人生捨ててもいいとか…
ああ、やっぱり歌詞の内容っぽいね。
そんなわかりにくい基準なん??


とりあえずテレサの曲を
テレサっぽく歌えるようになりたい。

2014年4月18日 (金)

賢吾の曲!

ここ9か月ほどはフォーゼ漫画を
しこしこ描いてきましたが、
誰もがスルーするだろう賢ユウ曲を
aruさんに聴いていただけていた
といううれしいニュースがありましたので
漫画描くのは休んで、
また曲作ってたりします(単純)。

・・・曲は湧いて出るが詞ができない(またかよ)。

しかも賢吾の曲を書こうと思ってたのに
なぜか女子アイドルっぽいサビが思いつき、
それはそれで撫子の曲として別に採用(笑)。
ああホントにメロディは簡単にできるのに〜!
歌詞!歌詞がさっぱりだ!!

とりあえず詞は完全に後回しで曲作り。
賢吾のはAメロBメロは早々に決定し、
サビを作るもいまいち納得できなくて
サビのみ二転三転しましたがとりあえずまとまりました。
私が書きやすいのはクールなロック系だけど
エレキは賢吾のイメージじゃないし・・・というので、
スペイン風な、アコギをジャカジャカ鳴らす感じで…
と考えて、頭の中では早々に音楽ができました。
頭の中では(笑)。
最初はサビが演歌くさい感じだったのが気になったのですが、
サビ変えてだいぶ改善されたかな・・・?
若干音域広くなりましたが、龍輝くんなら大丈夫!
(歌わんし笑)

いつものようにサクラで編曲するにあたり
メロディ、ベース、伴奏の順に作り、
伴奏も半分くらい決まったころ・・・
なぜか今作ってる曲調とまったく別のアレンジが
ふと脳内を走り、「そっちもいいなあ」と
浮気心が出てしまい、2パターン作ることに。
結局ドラムを打ちまくるビート系が好きなのです…。


というわけで賢吾目線の賢ユウ曲
=======================
「自由な君が」(アコースティックバージョン)
「自由な君が」(ロックバージョン)
作詞/作曲/編曲:波川ゆあ

帰り道で 肩を並べながら
君と二人 歩いている
ふいに立ち止ったかと思えば
思い出したように駆ける

君のその自由さが 理解しがたくはあるが
まっすぐな感情が 羨ましくもある

君が振り返り 俺の名を呼ぶ
たったそれだけのことさえ
君を好きだという 想いが舞い
閉じた目を開けて 微笑みを返す
=======================


A(アコースティック)バージョンは
余計な音を入れたくなかったので
スチールギター×2とベース、ドラムのみ。
頭の中の曲はもうちょっと豪華なんだけど(…)
私のサクラの技術ではこれが精いっぱいです。。。
ホントはいつも使用しているドラムセットも
合わないかなと思って音変えるか、
いっそドラムなくすかとも思ったんですが、
私はこのドラムの音が好きなんだ〜〜〜!!
スネアドラム入れるだけで大分さみしくなくなるから。
もともと考えてたのがこのAバージョン。

そしてR(ロック)バージョン。
ドラムの「パーン」てシンバルが好きでw
生き生きと使ってるのがわかるかとww
全然違うリズムなので
「どっちがいいかなあ〜〜
賢吾的にはAだけど私的にはRかなあ〜〜」
・・・と悩んでどっちも作ってみました。
好き嫌いでいうとどっちのノリも好きなので。


Aバージョンの方が、前奏〜リードボーカル〜後奏
の音が全部一緒で「どっからが歌やねん」て感じですが
雰囲気でつかんでください(笑)。
Rバージョンの方はわかりやすいと思います。


ふあー、久しぶりに曲作った〜。やっぱり楽しい〜〜><
詞は相変わらず苦痛だが。
今回は前に出したユウキちゃんの「君の隣で。」の
アンサーソングという形をとっているので、
方向性が決まってる分まだ書きやすかった方だと思いますが
・・・それでもだいぶしんどい。。
そして私の賢吾はユウキへの愛が重い(大笑)。
歌詞はマジ要改良なので
これにかわる歌詞・・・ください・・・。
でも自分作詞の方が著作権とか気にしなくていいから
楽なんだよな(笑)

2013年9月21日 (土)

新作はフォーゼ

フォーゼのフードロイドの中で
一番活躍しているバガミール。
彼の歌を作ってみました~!

「がんばれ、はやぶさくん」を参考に、
ユウキちゃんが作ったというテイで。

*****************
   「ぼくはバガミール
作詞/作曲:城島ユウキ(編曲:波川ゆあ)

ふだんはハンバーガー
丸まって寝ている
賢吾くんが呼んでいる
ぼくの仕事だ 出番だ

カメラスイッチを差せば
力が湧いてくるよ 背中から

ときには忍者のように
軽やか隠密行動
ぼくはバガミール
*****************

他に、ユウキちゃん目線の賢ユウソングなんかも。

-----------------------------------------------
   「君の隣で。
作詞/作曲/編曲:波川ゆあ

空を見上げ 流れる雲を追って
君と二人並んで 歩く道
笑いあったり ときにはケンカしたりしたね

手を伸ばせば届くほど
すぐそばにいるはずなのに
近いようで 縮まらない
この距離がもどかしい

私を見てほしくて そばにいたくて
君の隣は私の場所なんだから
君の名前を呼んだときに
微かに見せる笑顔が 目に映るたび
胸が鳴るよ
-----------------------------------------------

最初(Aメロ)はとくに賢ユウを意識せず、
曲と詞を同時に順調に作ってたんですが・・・
やはりというかなんというか詞がついてこず(笑)、
曲はすぐできたのに作詞に10ヶ月要しているあたり。
「曲は苦労しないが、詞が全く降りてこない!」
と言うアルフィーのたかみーの気持ちがものすごいわかる。

もう苦し紛れに賢ユウの歌にしてしまえ、
と方向決めてからはちょっと書きやすくなりましたが。
詞はぼやんとした抽象的なイメージだけじゃ書けんのね。
よくある言葉を並べりゃなんかできるだろう
と思ったんですが(←甘いわww)

対になる賢吾くんの歌もいつか作ろうと思う。
歌の何がいいって、
曲だけよりはるかに口ずさみやすいってとこなんだよね。
だから作詞もがんばる。自分が歌えるように。
 ☆特技:歌の自作
ってのがユウキちゃんとお揃いみたいで嬉しいv

でも今は曲より漫画だわー。
いっぱい描きたいけど遅筆すぎて。
ネタ帳のネタもだんだん食いつぶしていってるから
ネタ起こしもしないと・・・!

あ、マンガで思い出したが。
ミアーち!!
死んでも中洲白書は描かんからな!!!(笑)
やぶうち優じゃないんだからwww
↑本名が優子らしい

バンドいいなあ~

最近作詞作曲が趣味だと
同じ会社で働いてる市立大学の先輩に話したのが、
花見の時(3月末)。
先輩は今も年3回ほどライブをやってるという
現役バリバリなので、
一番自信のある曲を聴いてもらったw
つーか他の作詞した曲が
SRとかフォーゼとかしかなかったんでww

1年以上前にここのブログで「弾けん」とか
ぶーちこら言ってたヤツです。
結局SAKURAで作りました。
それがめんどくさいからキーボード買ったのに・・・。
でもドラムの細かいところとかも
それなりにイメージがあるので
(キーボードのは一定のリズムしか刻めないんで)
SAKURAの方が私に向いてましたよ結局は。

そんな曲がこれです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
   「Sensor
作詞/作曲/編曲:波川ゆあ

今あいつが放った 小さな言葉の粒が
俺の心ん中 ふと当たった
何も見ようとしない 俺の目に一瞬
白く光る何かが 見えた気がした
駆け巡る血が騒ぐ 熱い鼓動
今もまだ耳に残る おまえの声

まさかアイなんて信じない 俺の目に映った世界
おまえが触れて 色が変わった音を聞いた
ふいに感じたこの思い まさかアイなんて言うのか
この目の中 おまえが潜んで
愛だとわかる
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スクールライブショー(Eテレ)見てたら
バンドがすごい楽しそうで><
10代で曲作れるってすごいよね!才能だよ。
うちは母の家系が音楽に弱いらしく
残念な血筋ですよ。

今の感覚で学生になれるなら、絶対バンドやりたかったよ。
学生当時はむしろ作詞作曲は苦手ジャンルだったからなぁ。
何きっかけなんだろうね。
よくあるあの感覚だと思うんですが。

「面白い漫画読んだら漫画描きたくなる」
「素敵衣装見たら服作りたくなる」
「イトケンの曲聴いたら曲書きたくなる」

こういう論理だと・・・w

2013年3月 6日 (水)

キーボード使ってみた。

先週の土曜、おかんもミアちもいないというので
だいぶ前に買ったミニキーボードで
自分の曲を初演奏してみたわけですが!

ちょ、ムズイ。

メロディ弾きながらベースライン弾けん。

オーマイガッ!

それでも「せめてメロディだけでも」と
録音してみたが、それすらちっとも滑らかに弾けん。
・・・自分作曲なのに!?
まあピアノ好きだけど得意ではないからね・・・。

これはもう自分で弾いて歌うなんて到底無理ww
せっかく作詞までしたのに~!!
よし、これはもうベースラインはあきらめて
左手伴奏に切り替えよう、
と伴奏の和音を探り出したあたりで
おかんが帰ってきて終わった・・・。
(結構やかましい音で演奏してるので
人がいるときにはできんのよ。
恥ずかしいじゃないw録音もしたいし)

思った以上に難儀だわこりゃ・・・。
そして次演奏できるのいつよw

2012年4月21日 (土)

細々と

作詞作曲活動続けてますw
SRの教訓を生かし、
今回は作詞と作曲をほぼ同時に作ってみた。
まどかの歌のような甘いラブソングがいいなあ~v
とか思いながら始めたんですが、
だいぶ硬派な男のラブソングに・・・(大笑)。

「何も見ようとしない俺」とか
「愛なんて信じない」とか

あれーー??www

つーかもうえーかげん作詞は恥ずかしい///><///
曲作るのは楽しいけど、詞は苦痛;
でもまあとりあえず一本できたので
自分的には満足。はい自己満足。


この詞書いてて、
自分が昔描いた漫画「りんごとお嬢様(仮)」
の少年思い出した。
私の男子の発想は貧困だなww

そのマンガってのが
「少女マンガの一般的な投稿量の32Pを
目標に描こう」と思って描いたヤツ。
普段ページ数気にしないで描くので
こういう修行もいいかな、と。
描いてる途中で「こりゃ30P軽く超える」
と思ったので放棄しましたが(笑)。
だってさー、描こうと思ったのが、

主人公がお嬢様で、相手役が年下の不良で、


出会う→お互い気に入らん→再会→
いざこざ→主人公、相手が気になる→
告白→相手の反応→その理由→
ハッピーエンド


これを30Pでまとめられるかーーーー!!(笑)
いや、出会いから好意持ってりゃ話は早いんだが
お互い「なんか嫌い」から入ってるから
それを「好きかも」に持っていく作業(作業いうな)
を入れたら、削れるところがなくって・・・
上のフローで言う「その理由」のあたりまで描いて
やめたw(オチも考えてたんだがな)


と、そんな昔話を思い出した。
その少年、津軽輪吾(つがるりんご)に
そっくりになってしまった今回の歌。

2011年7月16日 (土)

実はまだあるSRの曲

やっぱりスローテンポは
出来上がりも微妙なので
こんなの作った。


七瀬銀牙のテーマ


桜海一平のテーマ


一平のテーマみたいなの作るのが
一番好きv
聞いてて楽しいような曲は
作ってても楽しい★
今まで作った中ではペイのテーマが
一番お気に入り。
ルーのテーマはラテン系にしたいんだ〜。
ラテンやスペイン音楽好き〜v
作れる自信ないけど。。

そろそろ作曲家と名乗ろうか(笑)。
曲作るの楽しいって言ってた
イノッチやニノの気持ちが今わかるw

2011年7月12日 (火)

SRのエンディング曲

じゃじゃーん。
あんだけスローテンポ苦手だとか
ほざいてて結局作ってるわし。
アカン、作曲楽しすぎる。
うっかり2分超えた。
その辺の尺調整はプロデューサー(誰だよ)
がやってくれるとして、
とりあえずコレ。
SRのED



せっかくサビにいいフレーズが降って湧いたのに
なぜか音程がBメロから合わないという悲劇(死)。
Bメロが盛り上がってきたのにサビで落ちる。
ならばと1オクターブあげると
「合唱のソプラノじゃないんだからw」
的な高さ(爆)。
あああ、まさかの低音パートへ格下げ。。


それはそうと今回は
グランドピアノとかハープとか
格調高い編曲にしてみたので
SRのレパートリーじゃないっぽいw
作曲より編曲が大変。
私は作曲&編曲に「サクラ」というフリーソフトを
使ってるんだけど、音の種類があんまなくて〜。
弦(バイオリンとか)の音が全然気に入らんし(笑)
ホントはメロディをバイオリンかヴィオラ
にしたかったんだけど。残念。


作曲にハマリつつあるが、
とりあえずOPとEDあればじゅーぶんでしょ。
CD出さんといけんわw
あとはマジ作詞だな・・・。

2011年7月 8日 (金)

SRの曲その2

SRの曲 1

ホントはEDを作りたかったんだけど
1分弱にしかならなかったので
SRが弾く曲っぽい感じで。

なぜか途中からヒーローっぽくなるw
どうしてもヒーローっぽいサビにしか
つなげなくてどうにもならなかったorz
Bメロが失敗なのか・・・。
しかし私が一番苦手なのは後奏とイントロだ。
だからやたら短いぞ(笑)。(これでも頑張った)
ここをがんばればED曲くらいの長さ(1分半)に
できそうなもんだが・・・。
あ、もうちょっとテンポ落とせばよかったのかな?
でも速い方が若い感じがするじゃん(笑)

しかしSRが演奏するには
ドラム&ボーカル泣かせだと思う。
OPに比べて大分難易度高い。
ギンちゃんの嫌がらせか?(笑)
いやいやこうした方がかっこいいっていう愛情よw


そういやEDって夕日をバックに
シルエットで歩くやつでしょ?(笑)
そういうゆったりした曲って難しいんだよね。。
下手すると退屈な曲になるから。
理想はガルキーバのEDv
あれはバラード系なのに、珍しくすごく好きv
(基本的にバラードというかゆっくりな曲嫌いです)

より以前の記事一覧